ようこそ! あなたは アクセスカウンター 番目のお客様です
今日はです

新緑の豊前国分寺 (福岡県)2017年06月05日 10時06分46秒

名 称 ・豊前国分寺三重塔

所在地 ・福岡県京都郡みやこ町国分279番地 1

駐車場 ・有り(無料)

(写真をクリックすると大きくなります)====豊前国分寺山門====
(click..play)

天平勝宝8年(756年)、筑後・肥前・肥後・豊前・豊後・日向等26国の国分寺に「仏事荘厳具の下賜」がされ、このころまでに豊前国分寺では主要な建物が完成したと考えられています。その後、平安時代にかけて盛んに活動を続けていた諸国の国分寺も、鎌倉時代以降多くが衰退していきました。しかし、豊前国分寺は平安時代に天台宗の勢力下に入り、鎌倉・室町時代にもかわらず法灯をともし続けていました。そして、天正年間(1573年~1592年)初期に戦国大名大友氏の戦火にあい、主要建物は全て焼失したと伝えられています。

(写真をクリックすると大きくなります)====豊前国分寺三重塔====

 その後、天正年間中にはいち早く同地に草庵が建てられ、本尊薬師如来が造仏安置されました。本格的な再建は、江戸時代以降小笠原藩の援助を受けて当時の歴代住職の努力によって進みました。  現在敷地に残る建物のうち本堂は寛文6年(1666年)、鐘楼門は貞享元年(1684年)に建立されたものです。なお、国分僧寺の敷地は昭和51年(1976年)に国の史跡に指定されています。

(写真をクリックすると大きくなります)====豊前国分寺鐘楼門====

現在敷地に残る建物のうち本堂は寛文6年(1666年)、鐘楼門は貞享元年(1684年)に建立されたものです。 なお、国分僧寺の敷地は昭和51年(1976年)に国の史跡に指定されています。

(写真をクリックすると大きくなります)====豊前国分寺三重塔====
(写真をクリックすると大きくなります)====豊前国分寺三重塔====

国分僧寺の塔は本来七重塔で、当初鐘楼門をはさんで三重塔とは反対の東側にあったと推定されています。焼失後、塔が再建さたのは明治になってからです。住職宮本孝梁師の発願により、明治21年(1888年)に着工し、28年完成、29年1月に落慶法要が行われました。 三重塔は昭和32年に福岡県の有形文化財に指定されています。建物の高さは約23.3m、約初層の大きさは一辺が約7.5mです。建築様式は層塔と多宝塔の折衷様式で、心柱は全長23m・根元60cm角の杉材の一本物です。

屋根の瓦は発掘調査で出土した大宰府系を復元しています。内部には大日如来を安置しています。二層目の上部の外壁面には、明治の文名開化の香りを漂わせる十二星座の彫刻が見られます。 その後100年経過して傷みが激しかったため、昭和60年から62年に全面的な解体修理が実施されました。 建築様式は層塔と多宝塔の折衷様式で、心柱は全長23m・根元60cm角の杉材の一本物です。屋根の瓦は発掘調査で出土した大宰府系を復元しています。内部には大日如来を安置しています。二層目の上部の外壁面には、明治の文名開化の香りを漂わせる十二星座の彫刻が見られます。

(写真をクリックすると大きくなります)====豊前国分寺三重塔====
(写真をクリックすると大きくなります)====豊前国分寺三重塔相輪====

相輪は通常七つの部分から成っています。上から宝珠(お釈迦様の遺骨を納めるところ。)竜車(高貴な人をのせる乗り物を表す。)水煙(火炎の透かし彫りですが火をきらうことから水煙と呼ばれています。)宝輪(九つの五大如来と四大菩薩を表します。)請花(全部を受ける飾り台。)伏鉢(土饅頭の部分)露盤(伏鉢の土台)

花の海 Ⅱ (山口県)2017年05月18日 13時46分55秒


花の海 Ⅱ (山口県)

名 称 ・花の海 (はなのうみ)

所在地 ・山口県山陽小野田市埴生3392

駐車場有り(無料) (入園無料)

(写真をクリックすると大きくなります)===花の海ポピー畑===

山陽小野田市埴生のシステム生産農場「花の海」で約50万本のポピーが見頃を迎えています。昨年は、ピンク系の花が多く植えられていましたが、今年は、赤とオレンジの花が約1万2千平方メートルの畑に広がり、訪れた人の目を楽しませています。 花の海では耕作放棄地などを活用して季節の花を植えており、昨年11月下旬ごろに種をまいたシャーレーポピーは今月上旬ごろに咲き始めたようです。21日ごろまでがピークと思われます。

(写真をクリックすると大きくなります)===シャーレーポビー===
(写真をクリックすると大きくなります)===50万本のシャーレーポビー===

赤とオレンジの花が約1万2千平方メートルの畑に50万本のシャーレーポピーが咲き乱れ、訪れた人々の目を楽しませています。

(写真をクリックすると大きくなります)===50万本のシャーレーポビー===

津久見四浦半島の河津桜 (大分県)2017年02月15日 19時38分38秒

(写真をクリックすると大きくなります)===現地案内説明板===
(写真をクリックすると大きくなります)===津久見湾===

この四浦半島は、大分県の南部に位置し、豊後水道に向かって東に突き出す、リアス式海岸が発達した半島です。集落は沿岸部に集中しており、この半島の稜線付近を境に、半島の北半分は津久見市で南半分は佐伯市(旧南海部郡上浦町)に分かれています。半島の北側には津久見湾、南側は佐伯湾が広がり、半島の突端にはマグロの遠洋漁業の基地として有名な保戸島があります。

(写真をクリックすると大きくなります)===四浦半島展望台から===
(写真をクリックすると大きくなります)===展望台からの貴船島===

四浦とは、四浦半島北岸にある落野浦・久保泊浦・鳩浦・深良津浦(現:津久見市四浦)の4つの浦の総称で昭和26年(1951年)までこの地域には四浦村があったそうです。北側の津久見市四浦地区には、3,600本以上の河津桜が植えられており桜の名所となっています。南側の佐伯市(旧上浦町)には、夫婦岩で有名な豊後二見ヶ浦、海水浴場百選に選定された瀬会海水浴場があります。半島の北側を大分県道611号四浦日代線、南側を大分県道541号四浦港津井浦線があります。

(写真をクリックすると大きくなります)===津久見の河津桜①===

2005年から道沿いに地元の人たちにより植樹された河津桜が四浦半島の浦々に現在では、約4600本が点在しています。 毎年2月中旬から咲き始め、一足早い春を楽しめます。 四浦半島一円に点在しています。2017年2月15日には満開となっています。

(写真をクリックすると大きくなります)===津久見の河津桜②===

河津桜の種類は、早咲きのオオシマザクラ系とヒカンザクラ系の自然交配種とされているようです。河津桜の特徴は、一般的なソメイヨシノのような薄いピンクよりも色が濃く、淡紅色のような色になります。花びらも少し大きめです。

(写真をクリックすると大きくなります)===津久見の河津桜③===

立羽田の景 (大分県)2017年01月14日 17時42分36秒

名 称* * 名勝耶馬溪(立羽田の景)

名勝国指定年月日* *大正十二年三月七日

所在地* *大分県玖珠郡玖珠町大字古後字柚ノ木

(写真をクリックすると大きくなります)===立羽田の景①===

名勝耶馬溪(立羽田の景)は、文政元年(1818年)広島の文豪、頼山陽(らいさんよう)が日田より山国谷に入り、その奇巌奇勝の渓谷美を賞賛して耶馬溪図巻記に「耶馬溪山天下無」と詠い、ここから「耶馬溪」と名付けられたといわれいます。この奇峰と呼ばれる独特のやまなみは地下深部のマグマなどの火成活動によって、もたらされた岩石から作られたと考えられています。

(写真をクリックすると大きくなります)===立羽田の景②===

その後、この奇岩秀峰や渓谷美から、大正十二年三月に国の名勝として指定を受けました。「名勝耶馬溪」は広範囲に及び東西四十キロ南北約三十五キロの中として六十六景が指定され町内では立羽田の景のほかに十六の景が指定されています。立羽田の景は、天に向かって突き通すように起立する岩峰とその岩脚に点在する民家や田園風景がうまく調和し、ほっとするような自然の景観を楽しむことができます。

(写真をクリックすると大きくなります)===立羽田の景③===

角島灯台の水仙Ⅱ (山口県)2017年01月06日 16時19分19秒

(写真をクリックすると 大きくなります)===角島灯台全景===
(写真をクリックすると大きくなります)===灯台下の水仙===

角島灯台は、日本海に浮かぶ山口県下関市の角島の北西端に位置する、夢ケ崎に立つ石造の灯台です。灯塔は総御影石造りで、日本に2基しかない無塗装の灯台の一つです。塔高は地上から29.62mで灯火標高(平均海面・灯火)まで44.66mで光達距離は約34kmまで届きます。「灯台の父」と呼ばれるリチャード・ヘンリー・ブラントンの設計による最後の灯台で、日本海では初めての洋式灯台です。

(写真をクリックすると大きくなります)===灯台下の水仙===

レンズは日本でも6箇所しかない特大のフレネルレンズで、第1等灯台に指定されています。この灯台は、歴史的文化財的価値が高いAランクの保存灯台です。日本の灯台50選にも選ばれている灯台で、北長門海岸国定公園内に含まれ、灯台周辺は下関市立の角島灯台公園として整備されています。灯台守の宿舎であった退息所が復元され資料館となり、参観灯台として常時内部が一般公開されています。 毎年、1月下旬から2月中旬にかけては、角島灯台の麓周辺でスイセンの花が咲き乱れ青空にそびえ立つ角島灯台はこの時期が一番綺麗です。

(写真をクリックすると大きくなります)===角島灯台と東屋===

新年のご挨拶2017年01月01日 00時00分00秒

(写真をクリックすると大きくなります)===赤間神宮水天門===
(写真をクリックすると大きくなります)===酉年のジャンボ絵馬===

赤間神宮、太鼓楼下に干支(えと)「酉(とり)」にちなんで鶏などを描いた高さ 2・5メートル、幅4・2メートルの大絵馬が設置されています。

青海島 碧濤台 (山口県)2016年07月10日 19時30分27秒


青海島 碧濤台 (山口県)

名 称 :青海島 ・碧 濤 台 (へきとうだい)   

所在地 : 山口県長門市仙崎2057

(写真をクリックすると大きくなります)
(写真をクリックすると大きくなります)

ここは、高松宮殿下が命名された展望台です。この展望台から眼下に広がる青海島、海上アルプスをつくる岩石は、今から8500万年前に日本列島がアジア大陸縁にあった頃に大規模な火山活動で形成されたものです。写真左上の島は相島です。この相島は約7万年前に形成された新しい火山です。また、各岩にはカモメ岩・十六羅漢・変装行列・等の名前がつけられています。エメラルドブルーの海はとても綺麗です。こんどは、日本海の荒波が岩に砕けちる光景が見たいものです。

(写真をクリックすると大きくなります)
(写真をクリックすると大きくなります)

豊前枝川内の紫陽花(福岡県)2016年06月19日 07時10分41秒


豊前枝川 内の紫陽花(福岡県)

名  称 : 枝川内アジサイランド

期  間 : 6月下旬 (豊前市公式ホームページ参考)

所在地 : 福岡県豊前市大字岩屋枝川内

(写真をクリックすると大きくなります)===豊前枝川内の紫陽花===

豊前市枝川内地区では雨の季節に約13,000株のあじさいが色鮮やかな傘のように咲き並びます。色は白・青・ピンク・紫色で、見頃にあわせて『枝川内あじさい祭り』が開催されますので、足を運んでみませんか。

(写真をクリックすると大きくなります)===豊前枝川内の紫陽花===
(写真をクリックすると大きくなります)===豊前枝川内の紫陽花===
(写真をクリックすると大きくなります)===豊前枝川内の紫陽花===
(写真をクリックすると大きくなります)===豊前枝川内の紫陽花===
(写真をクリックすると大きくなります)===豊前枝川内の紫陽花===

新緑の長府庭園 (山口県)2016年06月02日 14時41分15秒


新緑の長府庭園 (山口県)

庭園の種類 : 廻遊式日本庭園

名  称 : 長府庭園

所在地 : 山口県下関市長府黒門東町8‐11

駐車場 : 無 料

料  金 : 大人200円・小中学生100円

 

営業時間 : 9:00~17:00 (最終入園は16:40)

(写真をクリックすると大きくなります)===長府庭園===
(写真をクリックすると大きくなります)===長府庭園===

長府庭園は長府毛利藩の家老格であった西運長(にしゆきなが)の屋敷跡で小高い山を背にした約31,000平米の敷地には、池を中心に書院・茶屋・東屋が残され、かつての静かなたたずまいが今日まで残されています。

(写真をクリックすると大きくなります)===長府庭園===

長府藩家老格(700石)西運長(にしゆきなが)は下関攘夷戦の海防掛として指揮をとり、小倉戦争では中軍大隊長として活躍した人物です。

(写真をクリックすると大きくなります)===長府庭園の石灯篭とサツキ===
(写真をクリックすると大きくなります)===長府庭園===
(写真をクリックすると大きくなります)===長府庭園===
(写真をクリックすると大きくなります)===長府庭園===
(写真をクリックすると大きくなります)===長府庭園の滝===

この新緑の紅葉も毎年十一月後半になると綺麗に紅葉するでしょう。

(写真をクリックすると大きくなります)=== ワトソニア (ヒオウギズイセン)===
(写真をクリックすると大きくなります)===長府庭園の紫陽花===
(写真をクリックすると大きくなります)===長府庭園===

長府庭園は四季折々の庭園美が楽しめる廻遊式日本庭園です。約31,000㎡の敷地には、池を中心に書院、茶室東屋などがあります。また、蔵を利用したギャラリーでは、各種展示を催しています。また蓮池には毎年、孫文蓮が咲き、シーズンには早朝開園(午前5時~)も行われます。

(写真をクリックすると大きくなります)===長府庭園 ・東屋===
(写真をクリックすると大きくなります)===長府庭園===
(写真をクリックすると大きくなります)===長府庭園の睡蓮と鯉===

花の海 (山口県)2016年05月27日 20時45分25秒


花の海 (山口県)

名 称 ・花の海 (はなのうみ)

所在地 ・山口県山陽小野田市埴生3392

駐車場有り(無料) (入園無料)

(写真をクリックすると大きくなります)===花の海50万本のポピー花畑===

この花の海は西日本最大級のシステム農場で知られています。春・夏・秋・には季節に応じた花々が広大な敷地に花の海を作っています。 今では、50万本の白・赤・ピンク・色の華麗なポピーの花が一面に咲き誇っています。今が見頃で今月末までは楽しめそうです。

(写真をクリックすると大きくなります)===花の海50万本のポピー花畑===