ようこそ! あなたは アクセスカウンター 番目のお客様です
今日はです

島原城天守閣2009年01月01日 01時00分01秒


かつてここには森岳と言う小山があった。そこへ百万と言う労力と7年の歳月をかけて寛永元(1624)年、島原城を生み出した。この時、北と東を埋め立てて武士屋敷や三会町を造り出し、さらに城下町を整備した。 城郭は南に偏って本丸があり、そこには17間(33㍍)の天守が聳え立つ。北隣に二の丸が廊下橋で結ばれていた。さらに北側に三の丸があって、御殿が置かれた。その外郭は東西360㍍、南北1260㍍。周囲に3900㍍の塀をめぐらせ、要所には大小16の櫓を配置した。その内部に上士屋敷を、外部に下士屋敷を置いた。4万石の大名にしては過分の城であった。 大手御門跡から眺める島原城はすばらしい。青い空に白い五層の天守閣がよく映える堀から15㍍上に矢狭間をもつ瓦葺白壁塀とその上に三層の巽櫓、右手の丑寅櫓と左手の西櫓も見える。その上に五層の白色総塗込みの天守閣が35メートルの高さに聳え立つ。
(C) Script by ja4chu

コメント

_ ito3 ― 2009年01月03日 06時59分18秒

明けましておめでとう御座います
昨年は大変お世話になりました今年も宜しくお願いします
健康第一に楽しく過ごしたいと考えています。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ja4chu.asablo.jp/blog/2009/01/01/4037741/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。