ようこそ! あなたは アクセスカウンター 番目のお客様です
今日はです

大分県一心寺の八重ざくら2009年04月12日 09時30分39秒


◇◇◇霊山一心寺は初代住職安部一僧正が報恩感謝の一念から余生を人助けに捧げんとして昭和三十八年四月この塚野の地を選んで建立されました。以来今日まで安部僧正は山を開きひとつひとつの石を積み上げ道を造り幾多の障害や苦労にも絶えて三十有余年を経て漸く不動尊を祀るにふさわしい聖域がほぼ完成を見るに至りました。 人助けにも専念せられ時を嫌わず尋ね来る人の病を治し又苦を抜き楽を与え禍を福に変えるその姿は不動尊そのものの如く救われた人の数は計り知れず本当に筆舌に盡しがたいものがありました。その間造設されました本堂十三仏殿念仏堂の仏様を拝する時此の世の阿弥陀洛浄土を感ぜずにはいられません。こうした大偉業を成し遂げられた先生の遺徳わ偲び後世に伝えたく又私達の心中深く留め置きたく信者一同より建立致しました。◇◇◇
(click..play)(click..play)
◇◇◇一心寺由来◇◇◇

霊山一心寺は初代住職安部一僧正が報恩感謝の一念から余生を人助けに捧げんとして昭和三十八年四月この塚野の地を選んで建立されました。以来今日まで安部僧正は山を開きひとつひとつの石を積み上げ道を造り幾多の障害や苦労にも絶えて三十有余年を経て漸く不動尊を祀るにふさわしい聖域がほぼ完成を見るに至りました。 人助けにも専念せられ時を嫌わず尋ね来る人の病を治し又苦を抜き楽を与え禍を福に変えるその姿は不動尊そのものの如く救われた人の数は計り知れず本当に筆舌に盡しがたいものがありました。その間造設されました本堂十三仏殿念仏堂の仏様を拝する時此の世の阿弥陀洛浄土を感ぜずにはいられません。こうした大偉業を成し遂げられた先生の遺徳わ偲び後世に伝えたく又私達の心中深く留め置きたく信者一同より建立致しました。
===現地由来書石碑より===

コメント

_ ダンフォー ― 2009年04月17日 05時56分28秒

このスタイルは良いですね!
今迄で一番見やすいです。
一心寺の桜は時期が遅かった割にはスナップで見る限りまだ綺麗でした。

_ ja4chu ― 2009年04月18日 03時35分36秒

何時もご覧頂き有り難うございます。このスタイルが良いとの事ありがとうございます。ただ一つ難点があります。それは1ページに一つだけと限定される為です。いま何個も貼り付けできないか思案中て゜す。一心寺の桜は八重ざくらで普通のさくらより開花が遅く咲きます。この日は満開を過ぎて4-5日位たっていました、さくらの色もくすんでいました。残念!!

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ja4chu.asablo.jp/blog/2009/04/12/4246268/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。