ようこそ! あなたは アクセスカウンター 番目のお客様です
今日はです

旧円融寺庭園①2009年04月18日 10時10分30秒

(写真をクリックすると大きくなります)===現地説明版===
◇◇◇この庭園は、承応元年(1652年)大村四代藩主大村純長が創建した天台宗の松林山大乗院円融寺の本堂及び書院の裏庭として作庭されたものです。庭園は東西50mに及ぶ斜面を利用し、三尊方式の石組を基本として、青石を主材とした立石をもって造形美を強く表しています。 中央寄りの左手上方に巨石を据えて一番高い主山が築かれ、これを中心として斜面全般に400余個にのぼる石を、三尊方式の石組で連続手法的に構成して豪華に展開しています。白い玉石は水の流れを表し、地形の起伏に従って作り出した枯滝、枯流等によって、山水画的な造形が髄所に見られます。優雅さと豪華さを備え、巨石を数多く使用し、三尊方式による石組は桃山時代様式を色濃く表現していると言われ、その規模の雄大さと傑出した石組は名園としての価値が高く、昭和51年に国の名勝に指定されました。 ◇◇◇
(click..play)(click..play)
◇◇◇旧円融寺庭園説明版◇◇◇

この庭園は、承応元年(1652年)大村四代藩主大村純長が創建した天台宗の松林山大乗院円融寺の本堂及び書院の裏庭として作庭されたものです。庭園は東西50mに及ぶ斜面を利用し、三尊方式の石組を基本として、青石を主材とした立石をもって造形美を強く表しています。 中央寄りの左手上方に巨石を据えて一番高い主山が築かれ、これを中心として斜面全般に400余個にのぼる石を、三尊方式の石組で連続手法的に構成して豪華に展開しています。白い玉石は水の流れを表し、地形の起伏に従って作り出した枯滝、枯流等によって、山水画的な造形が髄所に見られます。優雅さと豪華さを備え、巨石を数多く使用し、三尊方式による石組は桃山時代様式を色濃く表現していると言われ、その規模の雄大さと傑出した石組は名園としての価値が高く、昭和51年に国の名勝に指定されました。
===現地説明版より===

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ja4chu.asablo.jp/blog/2009/04/18/4260497/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。