ようこそ! あなたは アクセスカウンター 番目のお客様です
今日はです

異人館 (旧鹿児島紡績所技師館) (鹿児島県)2012年03月04日 20時26分51秒

(写真をクリックすると大きくなります)==旧鹿児島紡績所技師館==

(click..play)

この旧鹿児島紡績所技師館、通称・異人館と呼ばれるこの建物は、我が国における初期の西洋建築物として現在は国の重要文化財の指定を受けています。また、平成21年には「九州・山口の近代化産業遺産群の構成資産」の一つとして世界文化遺産暫定リストにも登録されており、幕末維新時の産業発展の象徴ともいえる文化遺産でもあります。蘭癖大名の異名をもつ曽祖父の重豪の影響を受けた斉彬は、海外の文化や情報に精通し、藩主就任後は西欧諸国のように近代化政策を推し進めるべく、ガラス製造や鋳物、造船、紡績、出版など数々の『集成館事業』を展開しました。斉彬の死後は、島津家第29代忠義がその意思を受け継ぎ、就成所と呼ばれる工場群に紡績工場の建設も手がけます。薩摩藩英国留学生であった五代友厚が、留学先のイギリスで紡績機械の買い入れと技師招聘交渉に成功し「ホーム・リンガー商会」の開設者のイー・ホームや工務長のジョン・テットロウなど、鹿児島紡績所の建設と操業のためにイギリスから6名の技師が招かれました。技師らの宿舎として慶応3年(1867年)に建てられたのが、この異人館です。

(写真をクリックすると大きくなります)===尚古集成館===
(click..play)

仙巌園入り口から尚古集成館・駐車場にかけての一帯は、幕末、薩摩藩主、島津斉彬が築いた工場群「集成館」の跡地で、国の史跡文化財に指定されています。機械工場(現尚古集成館本館・重要文化財)や反射炉跡、工場の動力用水路跡が存在し、さらに地中には多くの遺構・遺物が眠っています。斉彬は、植民地化政策を進める西欧列強のアジア進出に強い危機感を抱いていました。日本が植民地にされないためには、日本を西欧諸国のような強く豊かな国に生まれかわらせなければならないと考え、嘉永四年(1851年)薩摩藩主に就任すると、集成事業という富国強兵・殖産興業政策を推進しました。

集成館はその中核となった工場群の総称で、鉄鉄砲を鋳造する反射炉、反射炉に鉄を供給する溶鉱炉、砲身を穿つ鑽開台、蒸気機関の研究所、ガラス工場などがあり、最盛期には1200名もの人が働いていました。安政五年(1858年)斉彬が急死すると集成館は大幅に縮小され、文久三年(1863年)の薩英戦争でイギリス艦隊の攻撃を受け焼失しました。しかし斉彬の弟久光と、久光の長男で家督を継承した忠義の手で集成館は復興されました。

(写真をクリックすると大きくなります)===尚古集成館===

尚古集成館本館はこの時建てられた機械工場です。集成館事業により、薩摩藩は日本最高水準の技術力・工業力を持つにいたり、明治維新ではその威力が発揮されました。明治四年(1871年)、集成館は官有となりました。明治10年、私学校徒がここを襲撃して西南戦争が勃発、政府軍がすぐに奪還し、再奪還を図る西郷軍と攻防戦を繰り広げたため、多くの工場が焼失し荒廃しました。戦後、民間に払い下げられましたが振るわず、大正四年(1915年)廃止されてしまいました。大正八年、機械工場は改装され、同十二年島津家の歴史資料館「尚古集成館」がオープンしました。

===現地説明板より===

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ja4chu.asablo.jp/blog/2012/03/04/6360009/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。