ようこそ! あなたは アクセスカウンター 番目のお客様です
今日はです

川棚 の クスの森 (山口県)2014年07月11日 07時43分27秒


川棚のクスの森

所在地 : 山口県下関市豊浦町川棚下小野6895

名 称  : 川棚の クスの森

樹木 国指定天然記念物大正11年指定

(写真をクリックすると大きくなります)

◇◇◇川棚のクスの森◇◇◇ 国指定天然記念物『川棚のクスの森』大字川棚字踊場にあり、大正十一年、内務省告示により天然記念物に指定された。立石山(標高二〇五m)の北麓の台地に生育し、高さ二十七m、幹周り十一.二mは県下第一の大きさを誇る。樹勢は旺盛で、四方に伸びる枝は、東西五十八m、南北五十三mに広がり、枝張りの美しさは日本一とも言われる。また、他の二箇所の枝は垂れ下り、その一部が土中に埋もれ、ここより発根して再生している。一株から四方に伸びた枝は周囲を広く覆っているため、根元に目を向けてはじめて頭上にうっそうと茂る枝はすべてそこから伸びていることに気づき圧倒される。一株であることにもかかわらず、遠目には「森」のごとくみえるその姿からこの名は付けられた。このクスの根元には、戦国時代に陶氏の乱に倒された大内義隆公の後を追うように、この地で命尽きた愛馬雲雀毛が埋葬されたという伝承がある。そのためクスの森霊馬神・馬神とも呼ばれ、この名馬の霊を慰め鎮めるための供養が毎年行われている。・・・・・・〔下関市豊浦町〕    現地説明版より・・・・・・

(写真をクリックすると大きくなります)

クスの森は、天を覆いつくすように枝を広げる一本のクスの巨樹で、まるで森のように見えることからこう呼ばれています。日本三大樟樹の一つで、樹齢約千年といわれ、俳人、種田山頭火は昭和七年六月十四日にこの地を訪れ、「大樟の枝から枝へ青あらし」、「注連を張られ樟の森といふ一樹」、「大樟の枝垂れて地にむとどく花」、の三句を詠んでいる。

(写真をクリックすると大きくなります)===現地説明版===

(click..play)

国指定天然記念物 『川棚のクスの森』大字川棚字踊場にあり、大正十一年、内務省告示により天然記念物に指定された。 立石山(標高二〇五m)の北麓の台地に生育し、高さ二十七m、幹周り十一.二mは県下第一の大きさを誇る。樹勢は旺盛で、四方に伸びる枝は、東西五十八m、南北五十三mに広がり、枝張りの美しさは日本一とも言われる。

また、他の二箇所の枝は垂れ下り、その一部が土中に埋もれ、ここより発根して再生している。 一株から四方に伸びた枝は周囲を広く覆っているため、根元に目を向けてはじめて頭上にうっそうと茂る枝はすべてそこから伸びていることに気づき圧倒される。一株であることにもかかわらず、遠目には「森」のごとくみえるその姿からこの名は付けられた。 このクスの根元には、戦国時代に陶氏の乱に倒された大内義隆公の後を追うように、この地で命尽きた愛馬雲雀毛が埋葬されたという伝承がある。そのためクスの森霊馬神・馬神とも呼ばれ、この名馬の霊を慰め鎮めるための供養が毎年行われている。

〔下関市豊浦町〕

===現地説明版より===
(写真をクリックすると大きくなります)===山頭火歌碑===

大樟の枝から枝へ青あらし 山頭火

俳人、種田山頭火は昭和七年六月十四日にこの地を訪れ、◎大樟の枝から枝へ青あらし」、◎「注連を張られ樟の森といふ一樹」、◎「大樟の枝垂れて地にむとどく花」の三句を詠んでいる。