ようこそ! あなたは アクセスカウンター 番目のお客様です
今日はです

旧下関英国領事館(山口県)2014年07月19日 16時05分45秒


旧下関英国領事館

所在地 ⇒ 山口県下関市唐戸町4番-11号

建築年代 ⇒ 明治39年(1906年)

構造形式 ⇒ 煉瓦造総二階建、屋根寄棟造桟瓦葺(小屋根銅板葺)

名 称 ⇒ 旧下関英国領事館

重要文化財(建造物) ⇒ 平成11年5月13日指定

(写真をクリックすると大きくなります)===正面玄関入口===

(click..play)

この建物は、明治34年(1901年)に市内赤間町に開設された下関英国領事館は、明治39年に領事館を新たに建設し、現在の場所に移りました。煉瓦造二階建、桟瓦葺の本館およびその北側に建つ煉瓦造平屋建、桟瓦葺の付属屋の建物に、敷地境に沿って煉瓦塀がめぐらされています。これらは、本館西側妻壁の記念銘が記されたブラックや本館棟木に打たれていた附指定の幣串にある「上棟明治参拾九年八月九日」の墨書により、建築年代から明らかです。

また、設計者は英国政府工務局上海事務所建築技師長「ウイリアム・コーワン(William Cowan)」であることが判明しています。本館の外観は、赤煉瓦を基調に開口部廻り等の要所に石材を用いた形で、南側を除く゜三方に煙突を もった階段状の妻壁をつくる点や、南側に連続アーチと列柱をもつベランダを設ける点に特徴があります。また、内部は各執務室や居住空間として使われた部屋にそれぞれ暖炉が設けられ、天井にモールディングや中心飾りがあるなど意匠もよく整っています。

附属屋は、東西に伸びる横長の切妻造建物の南面北端に片流れ屋根の小建物が付いた形で、全体でL字型の平面をしています。外観の意匠は、本館にならいつつそれを簡略化した形をとり、切妻造部分の南側では、腰壁より上部の壁面を木造でつくり軒裏を網代天井とする等、本館とは異なる形にしています。

旧下関英国領事館は領事館として使用することを目的に建設された建物としては、わが国に現存する最も古いもので、歴史的価値が認められています。また、本館と附属屋がそろう建物配置や執務室と住居を分けた本館の平面構成は、領事館という建物の性格をよく示しており、明治期の外交関連施設の一典型を示すものとして重要です。

(写真をクリックすると大きくなります)===イギリスの国章===

領事館玄関入口、上壁面にはイギリスの国章と[BRITISH CONSULATE] の文字が刻み込まれている。

イングランドを象徴するライオンとスコットランドを象徴するユニコーンが盾を支えている。イギリスの古くからの伝説では、ユニコーンはとても危険な獣のため、この国章では鎖でつながれています。

盾の中に2組配された金色のライオン3頭はイングランド王室紋章、金の地に赤いライオンはスコットランドの紋章、竪琴はアイルランドの紋章である。

盾の上には、冠をかぶったライオンがいる。ライオンのかぶっている冠は、イギリスの代表的な冠で、このライオンはイギリスを守っている、という意味がある。

(写真をクリックすると大きくなります)===南側アーチ型ベランダと列柱===

南側を除く三方に煙突をもった階段状の妻壁をつくる点や、南側に連続アーチと列柱をもつベランダを設ける点に特徴があります。

(写真をクリックすると大きくなります)===正面玄関側===

五年七ヶ月間の修復、復元、構造、の補強などの工事が終わり、 リニューアルした旧下関英国領事館の全景です。

一階には、当時領事が使用していたと、伝わる執務机と椅子が置かれています。また、暖炉のマントルピースには、建設当時の英国王エドワード七世のイニシャルが刻まれています。机の側には領事の椅子のレプリカが置かれ、座ることができます。

(写真をクリックすると大きくなります)===東側面===

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ja4chu.asablo.jp/blog/2014/07/19/7392848/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。