ようこそ! あなたは アクセスカウンター 番目のお客様です
今日はです

東行庵の紅葉2015(山口県)2015年11月16日 10時09分46秒

(写真をクリックすると大きくなります)

この地は清水山と称し、幕末の頃、奇兵隊軍監、山縣狂介(やまがたきょうすけ)(有朋ありとも)は麓に草庵を建て無隣庵(むりんあん)と名付けていた。慶応3年(1867年)4月、高杉晋作(東行)の遺言により遺骸を奇兵隊の本拠に近いこの地に葬った。

晋作に仕えていた愛人うの(後に谷梅処ばいしょ)は黒髪を断って出家したので、山縣は明治2年(1869,年)無隣庵を梅処に贈り欧州に旅たった。現在の庵は明治17年伊藤博文・山縣有朋・井上馨(かおる)等全国諸名士の寄付により建立されたもので、梅処は明治42年にその生涯を閉じるまで東行の菩提を弔った。

昭和41年東行の百年祭を機に庵の原型をとどめるため大修理を行った。

===現地説明版より===
(写真をクリックすると大きくなります)
(写真をクリックすると大きくなります)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ja4chu.asablo.jp/blog/2015/11/16/7910386/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。