ようこそ! あなたは アクセスカウンター 番目のお客様です
今日はです

植松一号古墳(山口県)2011年08月15日 09時41分30秒

(写真をクリックすると大きくなります)===植松一号古墳説明版===

所在地:  山口県下関市菊川町大字吉賀

遺 構:  横穴式石室古墳

形 式:  横穴式古墳   築造年代: 六世紀末~七世紀初頭

(写真をクリックすると大きくなります)===植松一号古墳===
(click..play)

この古墳は、両袖式の横穴式石室を内部主体とする古墳である。現存する石室は、玄室幅約百九十センチ、主軸長約三百七十センチ、高さ百二十センチ余りを測る。奥壁は、幅百八十センチ余りで床面からの高さ百六十センチ弱の大型の石材を立て、その上に上位が大きくせり出すように中型の石材を二~三段に積み上げている。両側壁も一段目は大型の石材を横位置に据え、その上に中型の石材を上位が大きくせり出すように五~六段に積み上げ、天井の幅は約六十センチを測るのみである。玄室正面の中央に開く玄門は、幅約七十センチ、高さ百十余センチであるが、埋積土を除けば更に高いと見られる。現門前の茨道は、墳丘等が大きく改変されているため、現状では短いが、先に調査された植松四~七号古墳の知見からみて、更に延びていたことは確かである。この古墳が築かれた時期は、考古学的な調査がおこなわれていないので断定はできないが、石室の構築状況と、近隣の古墳との比較から、菊川の地に横穴式石室古墳が導入された六世紀の終わり頃と考えられ、菊川の地の古墳時代を研究する上から、きわめて貴重な資料を提供する古墳と言える。

(写真をクリックすると大きくなります)===植松古墳群第五号墳説明版===

植松五号墳は、昭和六十二年度に発掘調査された四基の古墳のうちの一つでこの地に移築されたものです。本墳は後世の水田開発により破壊され、墳丘及び石室の天井部・左側壁が消失した現存のような状況で検出されました。しかし、この古墳の本来の姿は、両側に保存されている二号・三号・墳と同じ横穴式石室の内部構造をもつ円墳です。古墳の上部構造に比べ、石室内の床面や周溝部は、比較的よく遺つていたので馬具などの副葬品や供献土器(須恵器)が検出されました。

(写真をクリックすると大きくなります)===植松古墳群第五号墳===
(写真をクリックすると大きくなります)===植松古墳群第五号墳===
(写真をクリックすると大きくなります)===植松古墳群第五号墳===
(写真をクリックすると大きくなります)===植松古墳群第五号墳===
(写真をクリックすると大きくなります)=植松古墳群第五号墳から移築された石室=

中の浜遺跡(山口県)2011年03月12日 17時40分33秒

(写真をクリックすると大きくなります)===中の浜遺跡全景===
◇所在地: 山口県 下関市豊浦町川棚 下村
(写真をクリックすると大きくなります)===中の浜遺跡説明版===
(C) Script by ja4chu

中の浜遺跡は、北の土井ヶ浜遺跡、南の梶栗浜遺跡とならんで、響灘の面した砂丘上に営まれた弥生時代前期~中期の集団墓地です。響灘沿岸は北九州とともに弥生文化を最初に大陸から受容した地であり、全国的にも有数の規模を誇る弥生人の埋葬地がつぎつぎ発見されています。 当遺跡では昭和35年以来9次にわたる調査がおこなわれ、100基余りの墓と104体の弥生人骨が発見されました。これら人骨から見ると、土井ヶ浜遺跡の人骨に似て面長でかつ長身という特徴をもっています。顔が丸く背の低いそれまでの縄文人とは大きくちがっていることから、ここの葬られた人々は弥生文化をもたらした渡来系のひとであったと考えられています。 墓地の構成は土壙墓、箱式石棺墓、配石墓などの多様な墓からなっていて、それぞれにつくられた時期やグループの異りを表しています。 青銅の剣の副葬や断体儀礼の習俗もみられ、それらは全体として弥生時代の社会を明らかにし、かつ日本の文化の起源を知る上で大変貴重な遺跡となっています。 指定日昭和50年3月22日 昭和61年10月24日追加指定

(click..play)

中の浜遺跡は、北の土井ヶ浜遺跡、南の梶栗浜遺跡とならんで、響灘の面した砂丘上に営まれた弥生時代前期~中期の集団墓地です。響灘沿岸は北九州とともに弥生文化を最初に大陸から受容した地であり、全国的にも有数の規模を誇る弥生人の埋葬地がつぎつぎ発見されています。 当遺跡では昭和35年以来9次にわたる調査がおこなわれ、100基余りの墓と104体の弥生人骨が発見されました。これら人骨から見ると、土井ヶ浜遺跡の人骨に似て面長でかつ長身という特徴をもっています。顔が丸く背の低いそれまでの縄文人とは大きくちがっていることから、ここの葬られた人々は弥生文化をもたらした渡来系のひとであったと考えられています。 墓地の構成は土壙墓、箱式石棺墓、配石墓などの多様な墓からなっていて、それぞれにつくられた時期やグループの異りを表しています。 青銅の剣の副葬や断体儀礼の習俗もみられ、それらは全体として弥生時代の社会を明らかにし、かつ日本の文化の起源を知る上で大変貴重な遺跡となっています。 指定日昭和50年3月22日 昭和61年10月24日追加指定

(写真をクリックすると大きくなります)===中の浜遺跡拡大図面===
===現地説明版より===
(写真をクリックすると大きくなります)===石棺墓蓋石を除いた状態===
(写真をクリックすると大きくなります)===石棺墓蓋石を覆った状態===
(写真をクリックすると大きくなります)===副室を持つ石棺墓===
(写真をクリックすると大きくなります)===銅戈を検出した遺構===
(写真をクリックすると大きくなります)===八人を埋葬した石棺墓の位置===
(写真をクリックすると大きくなります)===日本最古の貝輪検出位置===
(写真をクリックすると大きくなります)===銅剣を副葬した土擴墓===
(写真をクリックすると大きくなります)===左手を埋葬した壷棺===
(写真をクリックすると大きくなります)===配石土壙墓===