ようこそ! あなたは アクセスカウンター 番目のお客様です
今日はです

引接寺 (山口県)2013年03月29日 05時08分56秒

(写真をクリックすると大きくなります。)===引接寺三門(いんじょうじ)===

所在地: 山口県下関市中之町

山 号: 関亀山(かんきざん)

宗 派: 浄土宗

本 尊: 阿弥陀如来

創建年: 1560年(永禄3年)

開 基: 忠誉一徳

文化財: 三門(下関市指定文化財)

(写真をクリックすると大きくなります。)===引接寺三門説明板)===
(click..play)

引接寺は、浄土宗寺院で当初は豊前国黒田村(福岡県京都郡みやこ町勝山黒田)にあったとつたわるが、詳細は不明です。永禄三年(1560,年)、この地の亀山八幡の麓に建立され、山号を関亀山と号す。

慶長三年(一五九八年)小早川隆景の菩提を弔うため、藤堂佐渡守高虎が現在地に広大な堂字を建立し引接寺を移した。以後、赤間関の有力町人や長府藩の庇護を受けるとともに、萩藩によって朝鮮通信史の客館としても整備されるなど、寺勢は隆盛を極めた。

また、明治二十八年(1895年)春には、日清講和会議のために来日した李鴻章一行の宿舎となり、李鴻章狙撃事件とも相まって、寺名は国際的にも名高い。昭和二十年(1945年)六月二十九日、引接寺の堂字の大半は戦渦により焼失したが、三門はこれを免れ、往時の様子を伝えている。

この三門は、明和六年(1769年)八月に長府藩九代藩主の毛利匡満が再建したものである。また、花崗岩四半敷の基壇は、慶長期の建立時のものと推定されることから、当初の構造形式を踏襲して再建したものと考えられている。三門は屋根を本瓦葺きとし、両側に脇門を設け、柱を総円柱とした四脚門の構えであり、門の内部に二手先の組物を使い、鏡天井に龍を彫り込んだ意匠は希少である。

下関市教育委員会

====現地説明板より===

(写真をクリックすると大きくなります。)===引接寺三門鏡天井の龍の彫刻①===

昭和二十年(1945年)六月二十九日、引接寺の堂字の大半は戦渦により焼失したが、三門はこれを免れ、往時の様子を伝えていjます。

この三門の鏡天井には、左甚五郎の作といわれる見事な龍の彫刻がありますが、これが左甚五郎の作と言うことは定かではありません。

(写真をクリックすると大きくなります。)===引接寺三門鏡天井の龍の彫刻②===

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ja4chu.asablo.jp/blog/2013/03/28/6760641/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。